レーシック手術後の生活(数日〜1ヶ月)で気を付けるべき事・注意事項

レーシック手術後の生活で気を付けるべき事・注意事項

レーシック手術の翌日の「翌日検診」で問題がなければ、洗顔や洗髪、仕事への復帰が可能です。

手術翌日以降は、以下のことに注意して生活をするようにしましょう。

手術後、1〜2週間〜1ヶ月の間に気を付けること

  • 目をこすらない
  • 目に強い衝撃を与えない
  • 目に汗や水が入らないようにする
  • 異物(化粧の粉や砂など)が入らないようにする
  • 目を酷使しない(パソコン、読書、テレビ鑑賞などは目が疲れない程度にしておく)
  • 手術後に医師から処方された薬は、決められたとおりに使う。自分の判断で減らしたり、中止した場合は合併症が生じたり、期待する矯正効果が得られないことがあります。
  • ファンデーションは手術翌日の「翌日検診」で特に問題ないと診断を受けてから使用する。ただし、目のまわりの使用は避ける。
  • アイメイクやビューラーは手術後1週間は使用しない。
  • ジョギングなどの軽いスポーツは手術後1週間はやらない。
  • 水泳は手術後2週間はやらない。
  • 目に衝撃が加わるスポーツや球技などは最低1ヶ月は休む。

マイケル・ジャクソン マイケル・ジャクソン伝説の50年の音楽人生の軌跡と真実

無断駐車の損害賠償請求